銀行カードローンの利便性って?

カードローンにはおおまかに銀行カードローン、信販系、消費者金融系と3つの種類に分けられます。銀行カードローンは先述した3つの種類の中で審査基準が最も厳しいものの、他の金融機関と比較して低金利で借り入れができます。条件の厳しさで敬遠されがちですが、今回は銀行での借り入れの利便性についてお話しようと思います。


銀行カードローンの申込み方法

銀行での借り入れを利用する際に必要な申込み資格は、定期的な収入があり、年齢が20歳以上の人です。申込み方法は、支店窓口の他にインターネット、電話、郵送などの通信手段も利用できます。銀行口座を持っている人に向けたインターネットバンキングもあり、広く申し込み経路が開かれています。


低金利のメリット

消費者金融での申請と比較して銀行系は審査が厳しい、借り入れ可能か判断する審査からカード発行までに日にちがかかってしまいますが、やはり金利が比較的低いという点は見過ごせません。これだけでも使わない手はないと思います。現在では収入の無い既婚者の方でも申し込み可能、即日で結果を知ることができる、借り換えが可能など従来の利用者を選びがちだった方向から軟化する傾向にあるようです。これをきっかけに銀行カードローンを利用してみるのも良さそうです。

信販系カードローンをもっと活用しよう!

国内だけでなく海外でもクレジットカードを使う機会はたくさんあると思います。今回はクレジットカードを発行する信販会社ならではのローンカードサービスとその利便性の高さについてお話をいたします。


「カードローン」と「ローンカード」の違いは?

ローンカードという言葉がありますが、これは信販会社が発行するもので、融資専用のカードのことを指します。事実、現金を引き出すのに用いるのに使われるためカードローンとは特に変わりません。ですので、信販会社の作っているカードをローンカードと捉えても差し支えないでしょう。一部の信販会社ではこのローンカードを用いたサービスを、カードローンとして提供している所も存在します。


クレジットカードとカードローンが一枚に

信販会社が発行したクレジットカードと抱き合わせでカードローンを利用できるサービスも存在します。クレジットカードに付属された信販系ならば、予想以上に出費することになったとしてもクレジットカード一枚あれば、その場で対応することが可能になります。また、海外であっても同じようにお金を借り入れすることができるので、こういった場合ほかの金融機関と比較して信販系は利便性にも優れていると言えるでしょう。海外での出費が予想される場合は申し込みをしておいて損はないはずです。

消費者金融系カードローンはどんなメリットがある?

多くのカードローンの中でも消費者金融系のサービスは銀行や信販会社での借り入れよりも低いハードルで利用できることで知られています。テレビでもよく流れているように一般的に最も名前が浸透している金融機関と言えます。今回はそんな消費者金融系カードローンについてお話いたします。


消費者金融系カードローンの最大のメリット

様々なサービスが存在しますが、もっとも挙げられるのは即日で審査結果を知ることができ、融資を受けられることと、審査基準のハードルが低くほかの金融機関と比較して審査が通りやすいことでしょう。また消費者金融でのカードローンは基本的に無担保で借り入れをすることができるのも大きいと言えます。


忙しい人や時間が無い人にはうってつけ

突然お金が必要になっても銀行ではどうしても日数がかかってしまうのですが消費者金融系ではその日の内にお金を借り入れすることができるので、時間や手間をかけずにサクッとできちゃいます。借り入れの申し込みは自宅のパソコンや携帯電話から申し込みが可能ですので、借り入れしようと思ったその場で申込みをすることもできます。また、借り入れ後の支払いは銀行やコンビニのATMでも行うことができますので、自分の都合に合わせた方法で返済することができます。金利は銀行や信販会社と比較すると高めですが、いざという時のために覚えておいて損は無いでしょう。

信販会社のカードローンってどんなもの?

一般的にはカードローンにも多くの種類がありますが、銀行や消費者金融での借り入れサービスと比較して信販会社で提供されているサービスはそれほどメジャーではないようです。しかし、こちらにも多くの利点がありますので、是非一緒にチェックしてメリットなどを覚えていってください


信販系カードローンの審査基準

信販会社での借り入れの申込み資格は、定期的な収入があり、20歳以上であることです。信販会社で借り入れを申請する際は店頭窓口では手続きを行っておらず、インターネット、電話、郵送などの通信手段を用いて申請する場合がほとんどです。信販系カードローンの審査基準は銀行で審査する場合と消費者金融系で審査する場合の中間といった具合です。銀行で審査が通らなくても信販系での審査は通ったという人も大勢います。一般的には銀行や消費者金融がメジャーですが、低金利での借り入れという点では信販会社に申し込みをするという選択肢も視野に入れても良いでしょう。


多種多様なサービス

一部の信販会社では低金利でサービスを提供している会社もあります。利用限度額と金利割引によりますが場合によっては銀行のカードローンより金利を低くして借り入れすることができます。また、クレジットカードとカードローンを合わせて利用できるサービスを提供している信販会社も存在します。買い物などで予想外に出費がかさんだ場合など緊急の時に役立つので利用してみたいと興味が湧いたなら一度インターネットで検索してみることをおすすめします。